本文へ移動

日本赤十字社

日本赤十字社とは?

 大地震、台風、噴火災害、津波、豪雨、紛争・・・。
国内で,今この瞬間も多くの人が苦しい状況に置かれています。
日本赤十字社は,「苦しんでいる人を救いたい」という理念の下,災害時に被災された方々に対しての医療救護やこころのケア,救援物資配分などさまざまな人道支援活動を行っています。

日本赤十字社の活動

・国際災害救護
・救急法等の講習
・赤十字ボランティア
・青少年赤十字
・国際救護
・看護師等の教育
・医療事業
・血液事業
・社会福祉事業

社費の募集

日本赤十字社の活動は,皆様からの会費(活動資金)により運営しております。中種子町分区では,5月を重点期間として,各自治会長を通じて,地域の皆様へ会費(活動資金)へのご協力をお願いしております。日本赤十字社の趣旨について何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
 
中種子町分区 会費募集強化期間 5月1日~5月31日

被災者支援活動

風水害や火災などにより家屋が被災した場合に,災害救援物資(タオルケット,ブルーシート,緊急セット,お見舞い品セット,毛布等)をお届けしています。
尚,これらは,熊毛地区にも備蓄しており,町内で万が一の事態が発生した場合は,速やかにお届けすることができます。
 
災 害 区 分
全焼・半焼・全壊・半壊・流出・床上浸水
毛布
被災者1人につき
1枚
緊急セット
・タオル4枚、ウェットティッシュ1個、軍手4双、ビニール袋6枚、ゴム手袋1双、キャップ付コップ1個、鉛筆1本、ポケットティッシュ4個、歯ブラシ1組、物干しロープ(5m)1本、洗濯バサミ10個、スプーン・フォーク4組、メモ用紙1冊、救急絆創膏1組、弾力包帯1個、毛抜1本、不織布ガーゼ8枚、不織布マスク4枚、携帯ラジオ(単3電池2本)1台、懐中電灯(単4電池4本)、風呂敷1枚、ブックレット1冊、ツーウェイバッグ1袋、挨拶状1枚、天チャックポーチ1個
被災世帯
   1世帯につき
1個
見舞品セット
・リュックサック1個
・バスタオル2枚
・フェイスタオル3枚
・半袖Tシャツ1枚
・レインコート
・レスキューシート
・サランラップ
1個
タオルケット
1枚
ブルーシート
1枚

平成30年度 赤十字会員増強運動ご協力についてのお礼

本年度も多くの町民の皆様に会費のご協力をいただきました。深く感謝申し上げます。
今後とも赤十字活動につきまして,より一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
社会福祉法人 中種子町社会福祉協議会
〒891-3604
鹿児島県熊毛郡中種子町野間6584-2
TEL.0997-27-1845
FAX.0997-27-1660
TOPへ戻る